DrinkColumn

ワンランク上の大人のためのお酒講座

魚に白ワインは常識?ワインで知ったかぶりしないためのエトセトラ


魚に白ワインは常識?ワインで知ったかぶりしないためのエトセトラ
魚に合わせるのは白ワイン、肉に合わせるのは赤ワインという決まり事は、ワインをあまり飲まない人でも聞いたことがあると思います。
しかしその理由はと問われると、よく解らないという人が多いのではないでしょうか。ワインを選ぶ行為をスマートに行うためにも、ワインの味のマッチングについておさらいしてみましょう。

なぜ魚には白ワイン?

難しい話は抜きにすると、魚や貝類に白ワインを合わせる理由は、単純にその方が美味しいからなのです。一般的に魚介類は肉類に比べると淡白な味わいですが、赤ワインはタンニンを感じさせるので、その渋みがより際立ってしまうのです。ところが白ワインは魚介だけではなく、肉類に合わせることも可できます。
よく白っぽい肉には白ワインが、赤っぽい肉には赤ワインが合うと言われます。実際鶏胸肉など脂気が少ない肉類には、フルボディの赤ワインはあまり合わないというか、肉の味がワインに負けて感じられなくなってしまいます。あっさりした肉やパテ、ハム類には、白ワインやロゼワインを合わせてみて下さい。

赤い肉には赤ワインが合う

牛ステーキのような肉料理は、赤ワインを合わせたくなる料理の代表格。白ワインを合わせても、肉の脂の風味や味が濃いため、ワインの味わいを打ち消してしまいます。
一方、赤ワインを飲むとタンニンが生み出す渋みが肉類の旨みなどを補完して、バランスのとれた味になるのです。つまり白ワインも赤ワインも料理あってこそ、美味しさがより際立つのです。

調理方法によっても選ぶワインを変える

魚介類か肉類かといった食材によって合うワインは異なりますが、調理方法によっても変わってきます。例えば生クリームの入ったソースを使った料理や、レモンや酢が入った料理は白ワインが、ドミグラスソースや赤ワインを煮込んだものなど重厚なソースには赤ワインが合うもの。和食にワインを合わせることも珍しくなくなりましたが、お寿司には赤ワインが合わないことは想像してもらえば解るかと思います。ところでうなぎの蒲焼きは魚介類ですが、あの甘辛いこってりしたたれが赤ワインにもよく合うので試してみてはいかがでしょうか。

白ワインと赤ワイン、両方なんて頼めない!

フレンチレストランでフルコースを頼むと、魚介類と肉類の両方の料理が含まれることがあります。となると白ワインと赤ワインの両方を注文しなくていけないと思うかもしれませんが、そんな心配は無用です。4~5人でシェアするなら大丈夫でしょうが、2人で消費するとなると、ワイン2本は結構な量になってしまいます。それなら魚介にも肉にも合わせられるよう、ロゼや軽めの赤ワインを頼んでみては?もしくはオードブルに合わせるワインはグラスで頼み、メインに合わせるワインはボトルで頼んでもよいのです。お酒に強くない人は無理せずに、グラスワインで通しても、そして一杯だけで通してあとはお水にしてもまったく臆することはありません。

記事まとめ

ワインと料理のマッチングをマリアージュ(結婚)という言葉でよく例えますが、一般的な合う合わないの基準はあれど、ご自分の好みで選んで構わないのです。試行錯誤して、ベストな組み合わせを発見するのも面白いですよ。

参考サイト

http://www.kirin.co.jp/company/rd/result/closeup/02.html

カテゴリー:お酒コラム

タグ:, ,