DrinkColumn

ワンランク上の大人のためのお酒講座

五大ウイスキーって言うけど、それぞれの特徴を知りたい!


五大ウイスキーって言うけど、それぞれの特徴を知りたい!
ウイスキーの好きな人ならご存知でしょうが、世界五大ウイスキーと言えばスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本で作られたものを指します。それぞれ産地による味の違いがあり、飲み比べするのも楽しみの一つ。五大ウイスキーの特徴を知って、もっとウイスキーを楽しんでみませんか?

スモーキーな香りのスコッチウイスキー

ウイスキーを嗜まない人でも、スコッチウイスキーという単語に聞き覚えはあるはず。スコッチとはスコットランド産という意味で、世界に名だたるウイスキーの代名詞でもあります。
スコッチウイスキーはピーテッド麦芽や麦芽を減量とした「モルトウイスキー」と、トウモロコシや麦芽を原料とした「グレーンウイスキー」に分かれます。
いずれもスモーキーな香りが持ち味ですが、これはピート(泥炭)によるもの。ウイスキーが苦手という人は、このスモーキーな香りを敬遠してのことが多いようですが、スコッチウイスキーならではの風味を楽しむためには欠かせません。

アイリッシュウイスキーはまろやかな風味

麦芽、ライ麦、とうもろこしなどを原料とするアイリッシュウイスキーを生産するアイルランドも、ウイスキーの産地としては有名ですが、泥炭は使われずスコッチウイスキーに比べるとまろやかな風味が特徴です。ピュアポットスチルと呼ばれるウイスキーは軽さが感じられるので、スコッチが重く感じるという人にはアイリッシュウイスキーがおすすめです。

オーク樽の風味、アメリカンウイスキー

アメリカで作られるウイスキーは、とうもろこしを原料としたバーボンやテネシー、ライ麦を原料とするライなどのウイスキーがおなじみ。ホワイトオーク樽で貯蔵するので、内側が焦がされた樽の風味がウイスキーに独特のスモーキーフレーバーを与えます。このフレーバーも好みの分かれるところですが、泥炭より香ばしさがあるためか、とっつきやすい味と言えるでしょう。

軽やか、カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーもアイリッシュウイスキーのように、麦芽、ライ麦、とうもろこしなどを原料とするライタイプですが、多くはブレンドされて作られるので軽やかなものが多い印象。これからウイスキーを試していきたいという人には、入門編のウイスキーとしておすすめです。

洗練度が増す日本のウイスキー

ジャパニーズと呼ばれる日本のウイスキーは、ウイスキー生産国としては後発なのですが、洗練度を増しつつある注目の存在です。スコッチウイスキーと同じく泥炭も使うモルトウイスキーと、使わないグレーンウイスキーを生産していますが、スコッチよりもスモーキーさを抑えてややマイルドな風味に仕上がっています。ところで連続ドラマの主人公にもなった、「マッサン」こと竹鶴政孝の名前を、耳にしたことはありませんか?
彼はニッカウヰスキーの創業者ですが、スコットランド仕込みのウイスキー製造技術を日本に伝えた、正に日本のウイスキーの父とも呼ばれる人。
本物のウイスキーを伝えようとした彼の努力により、国産ウイスキーの生産だけではなく、日本でウイスキーの味を楽しむ土壌ができたと言っても過言ではないでしょう。

記事まとめ

日本に最初ウイスキーが紹介された時は、そのスモーキーさが受け入れられずなかなか売れなかったそう。ところが今や水割りと言えばウイスキーを指し、ウイスキー専門のバーができるほど日本でも愛される存在に。しかもブレンドウイスキーでは物足らなくなった人達が、シングルモルトウイスキーにも興味を示しています。シングルモルトウイスキーとは麦芽を原料とし、ブレンドせずに1つの蒸溜所で生原酒だけをブレンドしたウイスキーのこと。蒸留所の個性が色濃く出るので飲み比べる楽しみがあり、ブレンドウイスキーと異なり探求心をくすぐられる存在。
日本人のウイスキーに対する味覚が磨かれつつある今、ウイスキーの世界はもっと広がっていきそうですね。

参考サイト

http://www.nikka.com/80th/story/
https://www.scotchwhiskyexperience.co.uk/international/jp
http://www.yoshu.or.jp/enjoy/glossary/whisky/type.html

カテゴリー:お酒コラム

タグ:, ,