DrinkColumn

ワンランク上の大人のためのお酒講座

二日酔いは絶対に避けたい!という人のための飲み方


二日酔いは絶対に避けたい!という人のための飲み方
お酒は飲みたいけれど、二日酔いは避けたいと誰しも思うもの。では飲み方で二日酔いを避ける方法はあるのでしょうか?翌日爽やかに過ごすため、二日酔いにならない飲み方をまとめてみました。

飲む前から行う対策

お酒を飲む前に対策を取っておくと、その後の酔い方にも大きな影響が出てきます。その一つとして挙げられるのが、お酒を飲む前に充分に水分を摂っておくこと。お酒を飲むと脱水症状になるので、飲み進むうちに血中アルコール濃度が高くなっていき、酔いも回りやすくなります。それを防ぐにはお酒を飲む前に水またはお茶を400~500cc程度飲んでおきましょう。
また、よく言われることですが、空腹の状態でお酒を飲むと酔いが回りやすくなります。食事をある程度してからお酒を飲むか、油分がある食べ物を先に食べて胃の中に油膜を作り、アルコールの吸収を遅くするという方法も有効です。タンパク質を含む乳製品を摂ることもよいので、牛乳を飲んでおくか、チーズを食べておくなどの対策を取りましょう。

飲みながら行う対策

今でこそイッキ飲みがよくないという意識が広まり、強要されることも減ったと思いますが、速く杯を重ねる飲み方は、酔いを早めます。酔っぱらってしまわないよう少しずつ飲み、間におつまみも食べることで飲み過ぎを防ぎましょう。お酒に弱い人は、飲む間に水を少しずつ摂っておくと飲み過ぎを防げます。

飲んだ後に行う対策

飲み会の後、お酒の作用で体は脱水症状になっています。そのまま寝てしまうといわゆる血液ドロドロ状態になり、二日酔いになりやすいばかりでなく健康にもよくないので、寝る前に水を充分摂っておきましょう。また、血液の粘性が高まっている時に熱いお風呂に浸かるのも脳疾患などにつながる可能性があり、危険です。
ぬるいお湯に浸かり、入浴前後に水分をたっぷり摂りましょう。

お酒の濃さにも気をつけて

当たり前のことですが、アルコール濃度が高いお酒は早く酔いが回ります。水割りなど濃さを調節できるタイプのアルコール飲料は、最初から濃く作らないことをおすすめします。ワインは薄めて飲まないものですが、お酒に弱い人は炭酸やジュースで割るなど、アルコール濃度を低める工夫を。日本酒も実は割り水と言って、水で薄めて飲む方法がありますので、まずは日本酒の量の1割弱の水を加えて味をチェック。濃いと感じればもっと薄めてもよいので、好みの濃度を掴んでおきましょう。

ちゃんぽんはなぜいけない?

多種類のお酒を同時に飲むちゃんぽんは悪酔いするといいますが、なぜでしょうか?これは多種類を飲むことが悪いのではありません。何をどのぐらい飲んだか解らなくなり、つい限界を忘れて飲み過ぎてしまうのでよくないのです。このぐらいが適量だという量を確認し、それを越えないようコントロールして飲みましょう。

記事まとめ

お酒に弱い人は濃いお酒を避け、速いペースで飲まないようにして、とにかく飲み過ぎないことが、二日酔いを防止します。お酒を無理に勧めてくる人も中にはいるでしょうが、自分の健康を守るためには断る勇気も大切。
自分が心地よく酔える濃さや量を、把握しておくのが大切です。

参考サイト

http://lab.waterserver.news-postseven.com/column/doctor-tells-correct-drink-water/
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

カテゴリー:楽しみ方

タグ:, ,