DrinkColumn

ワンランク上の大人のためのお酒講座

水割りは軟水がいいの?お酒のためのお水選び


水割りは軟水がいいの?お酒のためのお水選び
水割りを作る時、こだわってミネラルウォーターを使っている人も多いかと思います。ところでお酒を割る際に使う水は、ヨーロッパから輸入されたミネラルウォーターのような、しっかりした味わいの硬水がよいのでしょうか?それともあまりクセがなくてまろやかな、軟水がいいのでしょうか?美味しいお酒を飲むためにも、水選びについて今一度確認しておきましょう。

硬水と軟水はどうやって判断する?

水が硬水なのか軟水なのかは、水に含まれるミネラル中のマグネシウムとカルシウムの量によって判断されます。カルシウム量×2.5+マグネシウム量×4.1という計算式で求められた硬度で、その水がどちらであるかが判断されるのですが、世界保健機関によると水1リットルにおいて硬度60mg未満を軟水、120mg以上を硬水と定めています。
日本ではやや基準が異なり、硬度100mg未満を軟水、それ以上を硬水というように判断しています。

硬水と軟水の味の違いは

ヨーロッパのミネラルウォーターでミネラル分が多いものを飲んだことがある人は、味に覚えがあると思いますが、ちょっと渋いような重いような味がしますよね。そうした硬水はマグネシウムとカルシウムの量が多いので風味にクセがあり、飲みにくく感じることがあるかと思います。それに対してミネラル分が少ない軟水は、クセが少なくて誰にでも親しめるまろやかな味がします。軟水はミネラルが少ないため体への吸収がスムーズで、血行をよくして代謝を促進するデトックス効果も。ミネラル分が低い水は胃腸への負担も少ないので、内臓のトラブルを抱えている人は、軟水を選んだ方が無難かもしれません。

日本のミネラルウォーターは軟水なの?

ミネラルウォーターに含まれるミネラル分は、水が流れる地層の中から溶け出したもの。つまり、地層の中のミネラルに長時間接すれば接するほど、水の中のミネラル分も増え、硬度の高い水となっていくのです。日本の場合を考えてみると、ミネラルウォーターとして採られている水は狭い国土にある沢や川を流れてきたものなので、地層に触れる時間が短いものがほとんど。こうした事情があるので、日本のミネラルウォーターはほとんどが軟水となるのです。

日本料理に使われる時の軟水

飲むだけではなく料理に使われる際、水の硬度はどう影響するでしょうか?軟水は素材の味を引き出しやすいと言われているので、日本料理のような繊細な味付けを施す料理に向いています。
料理だけではなく、日本茶を入れるにも軟水が適しています。日本酒もそうした水で作られているお酒なので、まろやかな口当たりが特徴。その土地でできたお酒はその土地の料理に合うように出来ているとよく言われますが、こうした水の硬度が食文化すべてに影響を及ぼしていると言えそうです。

水割りに適しているのは硬水?軟水?

では飲む時に水で割るタイプのお酒には、結局どちらが合うのでしょうか?結果的にはお酒の味や香りを引き立てるという点で、軟水に軍配が上がります。硬度の高い水で割るとそのミネラル分がお酒の味を損ねる場合があり、お酒の香りや風味を変えないためにも、なるべく軟水で割ることをおすすめします。
とはいえヨーロッパで作られたお酒には、硬水で仕込まれたものも存在し、そうした「仕込み水」と同じ硬度の水で割ると美味しくなるという説もあるので、そこまでこだわらなくても問題ありません。ヨーロッパ人と日本人の味覚の違いもあるのですから、自分がおいしいと思える硬度の水を使えばよいのです。

記事まとめ

軟水タイプの日本のミネラルウォーターを水割りに使う際にも、それぞれの水の味の違いとお酒とのマッチングがあり、それは含まれるミネラルの量によって変わってきます。飲み比べてみて水割りに合うと判断できる、お気に入りの硬度のミネラルウォーターを見つけましょう。

参考サイト

カテゴリー:楽しみ方

タグ:, ,