DrinkColumn

ワンランク上の大人のためのお酒講座

お酒を飲むとラーメンが食べたくなるのはなぜなのか


お酒を飲むとラーメンが食べたくなるのはなぜなのか
お酒を飲んだ後に、締めと称してラーメンを食べる人が多いですが、どうしてこうしたものを食べたくなるのでしょうか?その謎を紐解いてみたところ、お酒のもたらす作用が見えてきました。

炭水化物を肝臓が欲している?

アルコールを摂ると肝臓で酵素により分解されるのですが、この時糖質がエネルギーとして必要になります。糖質は炭水化物やでんぷんに含まれているので、アルコールを摂ってしばらく経つと炭水化物が欲しくなるという訳です。

ラーメンに特化して食べたくなるワケ

ところが炭水化物には麺類の他にもご飯やパンなどもありますが、なぜラーメンに特化して食べたくなるのでしょうか?ここで注目したいのが、やはり肝臓でアルコールを分解してくれる成分。
ラーメンのスープに含まれる旨味成分、鰹節や肉に多く含まれるイノシン酸が分解の手助けをするのです。あとはアルコールを摂ると脱水症状になり喉が渇くので、ご飯やパンなどよりも水分が一緒に摂れる、麺類が食べたくなるというわけです。

ビールを飲むと塩分が欲しくなる?

色々あるお酒の中で、ビールを飲むと体内にカリウムが増えるのですが、これはナトリウムを排出する働きがあります。つまりビールを大量に飲むと、足りなくなったナトリウムを体が欲しくなり、塩分がはっきりと感じられるラーメンが美味しく感じるというわけです。ビールと合うからと塩辛いおつまみをせっせと食べていると塩分の摂りすぎにもつながりますので、最初は薄味のおつまみから食べるなど、食べ方の工夫もしてみましょう。

記事まとめ

どうやらラーメンが欲しくなるのはアルコールが分解される段階のようですので、長時間飲み続けていることで、より起こりやすくなる現象のようです。ラーメンは塩分、脂肪分が多く、正直言って体によい食べ物とは言い難い上に、夜遅く高カロリーのラーメンを食べるとダイエットの観点からも良くないことは明らか。なるべくラーメンを食べないためには、だらだらと長時間飲まないことが肝心なようです。どうしても最後に炭水化物が食べたくなったら、もっとローカロリーな蕎麦やうどんにしてみましょう。

参考サイト

http://news.mynavi.jp/articles/2014/03/27/ramen/
https://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=197
http://www.kenkozaidan.or.jp/health/2010/02/post-46.html

カテゴリー:箸休め

タグ:, ,